読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書評 「科学的に元気になる方法集めました 」

f:id:shingene:20170429152615j:plain

Misoです。仕事内容の本も読むことが多いですが、ビジネス本も良く読みます。直近で読んだ本も鮮度が落ちないうちに書評を記しておこうと思います。

1冊目のレビューはこちら。「科学的に元気になる方法集めました(堀田秀吾著)」です。

 

客観的根拠の重要性

僕は精神的にストレスを抱えると身体に不調が現れやすいタイプです。正直何回か精神的に参った経験があります。

だからこそなるべく、心は平穏に保ちながら、パフォーマンスを最大化する習慣を見に付けたい。サプリや本、ネットで情報を収集し、トライアンドエラーを繰り返してる日々です。

 

繰り返していく中で自然に身についたのは、自分で試しながら、なるべく根拠を確認すること。あるいは、根拠の重要性を知っている人の意見を聞くこと。

代替医療で比較的ポピュラーな医療が、研究の結果、効果が認められなかった(プラセボで薬理効果がなかった)ケース等もあるように、客観的根拠をなるべく辿るように心がけると、余計な手間と時間を防げると感じています。

 

この本では38の習慣を紹介していますが、本の題名にもある通り、1つの習慣につき根拠である研究が併記されています。シンプルに読めますね。

 

シンプルで使いやすい習慣

シンプルで、実践しやすい習慣が多いです。例えば、

・背筋をピン!と伸ばして堂々と歩くと気持ちが積極的になり、さらにストレスホルモンが減少する

・別に楽しいことがないときでも「フェイク・スマイル」で笑顔をつくるとストレスが軽減されて気分がよくなる

など、一般的に良い、と言われている習慣が科学的に説明されています。他にも、

 

・やけ酒をすると、イヤな記憶、イヤな気持ちがより強く定着してしまう 

など、私的に反省しなければならない事実も見つかります。どれも、知ってしまえば大した手間もかからないシンプルな、しかし重要性のある習慣だと思います。

 

猫背を治した話

個人的には背筋をピンとする習慣は、数年前から意識していた習慣でした。

 

昔僕はかなりの猫背で、「落ち込んで見えるぞ!」と多くの人から指摘を受けていました。その時はガリヒョロで筋肉もないし、自動的に姿勢が猫背になる。自分では気づかないんですよね。

 

ある時から、そんな大した事のない所で印象がダウンするのはイヤだな、と思い姿勢改善に努めました。座る時はなるべく背筋を伸ばし、歩く時は意識して胸を張って歩くようにする。

 

最初はぎこちなく、疲れましたが、だんだん様になるようになってきます。何ヶ月かたった後、ふと天に向かって思いました。「ああ、背筋伸ばして胸張って歩いていると、気分がいいし、歩くの楽しいじゃん!」と。

 

 

この本を読んで、あの時感じた自分の感覚を思い出しました。今でもピシッ!っというレベルではありませんが、姿勢は随分改善したように思います。

よく耳にする習慣には、先人の知恵があるのだなということを実感します。

 

まとめ

シンプルで使いやすい習慣がまとまった本です。根性論ではないアプローチから、ストレスを減らす習慣を身に着けたい方にオススメかと。

 

科学的に元気になる方法集めました

科学的に元気になる方法集めました

 

 

【映画】傑作「タレンタイム」を見逃してはいけない。

久しぶりにミニシアター系の映画館で映画を見てきました。場所は渋谷イメージフォーラム。TOHOや立川シネマシティで話題作を楽しく見るのも好きですが、小規模の映画館で落ち着いて見るのも良いですね。

 

お目当ては、「タレンタイム」という、マレーシア映画。ポスターで「伝説の映画」と評されている映画。もうこれだけで興味惹かれますね。

 

タレンタイム(2009年・マレーシア)


映画『タレンタイム~優しい歌』予告編(「I Go」&「Angel」2バージョン連続版)

 

ヤスミン・ハフマド監督による長編映画6作目にして、遺作。この映画を製作後、2009年に死去しています。

 

トーリー解説

タレンタイムというのは、ある高校で開かれる音楽イベントの事。オーディションで選ばれた才能のある学生が自分の得意なパフォーマンスで演奏する演奏会。

タレンタイムのオーディションから、大会当日までの時間の中、4人の高校生とその家族について、物語が語られる。

ピアノの得意な女子学生ムルーと、ムルーが恋に落ちるマヘシュという青年。一見おちゃらけているようで、明晰で母親な思いなハフィズと、自分より優秀な彼を認めたくないカーホウ。

彼らの純粋な心と、彼らを取りまく家族の葛藤。タレンタイムを通して、彼らの心はどこへ向かうのか___!

 

 

見どころ

心に触れる、普遍的な優しさ

登場人物みんな、色んな形の愛情を持っているんですよね。それをどんな行動で示すかは人それぞれ違うけど、皆人間として温かい。

それが嘘くさくないのは、これは監督の手腕と人柄によるものでしょう。お涙頂戴感を感じるとすぐ警戒してしまって、冷めてしまうタイプの僕ですが、不覚にもぽろぽろ泣きました。すっごい久しぶり。

人と人の繋がりの優しさ。初々しい恋愛感情の美しさ。ぶつけ合う心と心の尊さ。人間性の素晴らしさをシンプルにドンと撃ち抜いてきます。

 

多民族国家、多宗教国家ならではの葛藤表現

これは日本では描けない形式です。民族が違う、宗教が違うという事のみで人と人がつながる可能性が失われる。多民族が暮らす国家で、異なる背景を持った人々がどのように考えているのか。

高校生4人とその家族の物語が群像劇的に描かれるわけですが、この国家背景が群像劇に重みを与えています。そして、だからこそ浮かび上がる、民族・宗教を超えて人と人がつながる可能性。

 

音楽が良い

主題歌2曲「Angel」「 I go」は映画の脚本と密接に関係がある曲ですが、この2曲が情緒的で素晴らしい!予告編では2曲それぞれのver.があるのでぜひ聞いてみて頂きたい。もし琴線に触れればすぐに映画館にGOして頂きたい。

 

まとめ

人の心をシンプルに響かせる傑作です。久しぶりに「映画って本当にいいものですね」って思えた映画。2009年の映画ながら、この映画を愛する人自主上映を続けてきた、っていう理由がわかります。ぜひ休日にじっくりとご鑑賞ください。

 

全国順次公開中とのこと!

映画『タレンタイム〜優しい歌』|2017年3月25日(土)シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開!

 

 

Wifi対応体重計は、ストレスフリーの素晴らしい家電である。

体重と体脂肪率の管理は重要だ。

僕の場合は筋トレ目的なのだけど、筋トレの進捗度やダイエットの進捗度を客観視する大切なデータになる。データは僕にとってモチベーションの要だ。できれば毎日測りたい。

しかし、めんどくさい。とにかくめんどくさい。

 

 

極度の怠け者である僕は、少しでも工程に面倒な所があると、とにかく続かない。体重を測ってどこかに記録しておく、という手間がキライだ。最初は意志の力で一週間ぐらいは続いたとしても、頓挫してしまった事がこれまでに何回もあった。

 

よく言われることだけど、人間の意志力なんて当てにしてはいけないと思う。意志力は有限だし、きまぐれだ。意志力のリソースが枯れていても、ストレスフリーに続けられる仕組み作りが重要だと思う。

 

 

そこでこいつ。こいつの出番です。wifi対応体重計。

Withings スマート体重計 Body ブラック Wi-Fi/Bluetooth対応【日本正規代理店品】

Withings スマート体重計 Body ブラック Wi-Fi/Bluetooth対応【日本正規代理店品】

 

 

WifiBluetoothに対応し、データをスマートフォンに自動転送してくれるわけですが、もうこれがホント便利。「結果を自分でまとめる」手間がない、というのは想像以上に楽。やることは、ただ乗るだけ。シャワーや風呂上がりにサッと乗るだけ。それだけでアプリにデータが蓄積されていく。アプリでは体重が自動でグラフ化される為、今までの頑張りを視覚化できる。

 

体重計に乗るだけで勝手にグラフ作って貰えると思えば、個人的には買いでした。オススメです。

 

僕はこの商品の一つ前の世代の体重計を持っていて、1年ほど使っているけど、ストレスフリーで運用できている。新世代の上記の商品は、体重・体脂肪率に加え、体水分率・骨量・筋肉量まで算出してくれるとのこと。うーん買い替えたい。

 

とりあえず面倒なことは全て筋トレで解決する

日々のストレスが蓄積してツライ時。

仕事でミスが重なって落ち込んだ時。

彼女と修羅場になってやばい時。

筋トレが力になります。

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

 

 この「筋トレが最強のソリューションである」を読むべし。僕が筋トレを習慣化するキッカケになった本。

 

twitterアカウントの@testosterone氏が執筆した一冊で、tweet内容を書籍化したもの。よって書籍としては文章量も少なくパラパラ読めてしまう。

ただそこには利便性があって、筋トレ意欲が下がったときに、速攻でモチベーションを貰えるようになっている。清々しい言い回しで気持ちよく筋トレを薦めてくれる。

 

 

筋トレすると、ドーパミンセロトニン・エンドルフィン・アドレナリン等の脳内物質が分泌されるので、単純に気分が良くなる。僕自身、継続的に筋トレや有酸素運動を続けると、気分なんてものは自分自身でいくらでもコントロール可能だということを体感する。僕達の気分なんて、脳内物質やホルモンで決まる産物なのだ。だから、筋トレによって気分が良い時間を増やすことが「可能」なのだ。

単純に少しでも気分が良い時間が増えれば、人生がちょっとだけ豊かな方向へ向かうと、僕は思っている。

 

 

筋肉を「心の鎧」として捉えることができる本としてオススメ。やればやっただけ結果が出るのは、筋肉のいいところ。

筋肉とダンベルは裏切らない。

 

 

禁煙のススメ


Smoke

僕は6年前まで喫煙者だった。

一日1箱、飲み会の時は増長して2箱。なかなかのヘビースモーカーだと思う。2010年に、タバコ税の増税に伴い金額が上がったが、その時に一大決心してやめた。そこから復活せずに今までやってこれている。

 

「禁煙する意味あんの?」と吸ってる人は言う。いや、吸ってる時はマジでそう思う。脳みそが洗脳されているから。禁煙を完遂するためには、

「禁煙するメリット > 喫煙による依存状態」

の状態にならなければいけないと思うけど、禁煙するメリットってどれも喫煙時には認識が難しい。だから、僕自身は別に吸いたい人は吸っていい派です。禁煙の動機そのものは、その人自身が発見するしかないと思う。正直なところ。

 

ただ、2017年の今から振り返ると、やっぱ禁煙して良かったなぁと思うし、今後もタバコのメリットを示す強力なエビデンスでも出てこない限り、喫煙者をどんどん端に追いやっていく社会になると思うので、「禁煙するメリット」の価値が、あなたの人生で少しでもキラっと輝いた瞬間があれば、もうそこが俄然辞め時。ここに僕の体験談を示します。

 

続きを読む
広告を非表示にする

最初に

Misoと申します。

しばらく長文を書く機会がなかったんですが、

テーマを放出していこうと思います。

アウトプットしてないで発酵している経験則、あると思うので。

 

自己啓発術、勉強術、健康術。

映画のススメ、読書のススメなど。

 

広告を非表示にする
Amazon.co.jpアソシエイトを利用しています。